忍者ブログ
銀誓館学園高校2年生、メルディ・ファルス(b38551)のぶろぐさん。興味の無い方はターン推奨、ですよぅ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



―あれが《魔女》だって
―なんて不気味な子供だろう



―ねえ皆、こっちに《魔女》が来るわよ!
―怖い怖い、ヒキガエルにされちゃう




今でも偶に、ほんの偶にだけれど、
…―あの頃の夢を見る。




おとぎ話で《魔女》、なんて書かれているのは
大体の所で言う『悪い魔法使い』。姿は様々。

大鍋でカエルとか、毒草とか、キノコとかを煮詰めて、
鷲鼻で「ひっひっひ」とか笑うお婆さんの姿の魔女もいれば、
白雪姫の継母みたいに(ディズニーのだけど)、美しくて陰険な魔女も。


(だけど、見たことがある?)
(わたしみたいな、ちびで、だんまりで、なにもしない魔女。)
(わたし、1度も見たことないんだけど。)
(みんなの中で、1番たくさん本を読むのに(だって他にすることがないから)



―――――――――――――――――――――――――――


ふ、と目が覚めて、むくりとベッドから体を起こす。
ぼんやりした寝起きの侭、なんとなしに机を見たら辞書があった。(宿題に使ったから)

ぺらぺら、とページを捲って《魔女》を探す。

1番目に出たのは、皆のよく知ってるアレ。
1、悪魔と契って魔力を得て、人々に恐怖と嫌悪と災厄をもたらす。

でも、その次の項目を見て思わず口角が持ち上がる。

2、不思議な力を持つ女性。また、あやしい魅力を持つ女性。


「あやしくはないけど、」
ひとりの部屋で、ぽつりと声を発して。
だったらどの女の子だって、魔女じゃない?と考えて、小さく微笑み。
その場で小さくくるりと回ると、なんだか少しだけ気分が晴れた。


今度故郷に戻ったら、何人の人がわたしを分かるのかしら。
きっと沢山のひとはわたしを見落として、一呼吸置いてから振り返って、わたしを見る。

あの子、何処かで会ったかな?、って。


今、例え《魔女》と呼ばれたって、きっとわたしはこう答える。
「猫=魔女、なんて馬鹿みたい!」
「女の子はみんな魔女なのに。」
あ、それともうひとつ。
「わたしが魔女なら、あなたをとっくにヒキガエルにしてるところなんだけど?」


にっこり、笑顔を浮かべてカーテンを開く。
窓を開けると、少し肌寒くて清々しい空気が入ってくる。


遠いけれど、同じ空の下にいる、大切な仲間たちへ。
(おはよう、)(今日も、無事で居て。)(だいすきです、)


むむむ、と念じて顔を上げて。
大丈夫、わたしは笑顔で待ってます。って心の中で唱えたら、
大丈夫な気がしてきて、またひとつ、小さな笑顔を浮かべてみた。






PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
Trackback
この記事にトラックバックする:
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[02/09 琴吹]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars